sam vincent during sourcing trip marou chocolate

About Us

二人の創業者

フランス人のヴィンセント・モローは大手広告代理店でのキャリアを捨て、ベトナムで自分探しの旅をしている時、同じフランス人の銀行員サミュエル・マルタに出会いました。2人はカカオ農園を訪れ初めて目にしたベトナムのカカオ豆の品質の高さに惚れ込みました。そして2010年、彼らは今の生活から抜け出すことを決意しました。

sourcing vehicle crossing a bridge marou chocolate

二人はGoogleで「カカオ農園」と調べて見つけたバリア省の農園を巡りました。帰りの船の中、二人は自分たちのチョコレートメーカー「Marou Faiseurs de Chocolat」(フランス語でチョコレートメーカーマルゥ)を作ることを決意し、ブレンダーとオーブン、ケーキ型以外は何もないサミュエルのキッチンで彼らのチョコレート作りは始まりました。

現在マルゥのチョコレートは二人がホームと呼ぶ街の外れで作られています。

“Samuel and Vincent continue to rely on a tight network of small farmers from whom they buy the best beans, one bag at a time, for a premium price.”

マルゥでは農家の思いや各産地のテロワールを味わってもらうために、カカオをじっくり弱火で焙煎します。

Marou Faiseurs de Chocolatはアジアでもいち早くbean to barの考えに則ったチョコレートメーカーであり、世界でも珍しく産地でチョコレートをつくっています。二人のフランス人の夢は、ベトナムの最高級の原材料のみで作られるピュア・ダークチョコレートのブランドへと膨らんでいきました。

© 2020 MAROU CHOCOLATE