ABOUT

STORY

とある日のベトナム。フランス人のヴィンセント・モローが大手広告代理店でのキャリアを捨てて自分探しの旅をしているとき、同じフランス人の銀行員サミュエル・マルタに出会いました。2人は友人の勧めでカカオ農園を訪れ、初めて目にしたベトナムのカカオ豆の品質の高さに惚れ込みました。そして2010年、彼らは今の生活から抜け出すことを決意したのです・・・旅を終えサイゴンに戻った2人は、自分たちのチョコレートファクトリーを作ることを決意しました。その名も”Marou Faiseurs de Chocolat”(フランス語で「チョコレートメーカーマルゥ」 )。 こうしてアジアで初めての”ビーントゥバー”チョコレートメーカーが誕生しました。ブレンダーとオーブン、ケーキ型以外は何もないサミュエルのキッチンで、彼らのチョコレート作りは始まりました。

STORY

OUR APPROACH

OUR APPROACH

1高品質のカカオ
購入前には 必ず農園でカカオ豆の袋を1つずつ確認し、品質の良い豆だけを購入します。
2カカオ農家との繋がり
マルゥは創業以来、カカオ農家と強固な関係を築いてきました。カカオ農家に技術面や金銭面、設備面での支援を行うことで、高品質のカカオ豆を生産できるようサポートしています。そして高品質なカカオ豆には、市場価格を上回る金額を支払い、農家の人々が継続してカカオを栽培できる仕組みづくりを行っています。
3テロワールの探求
テロワールとは、カカオを取り巻く全ての自然環境(土壌や気候、場所など)の特徴を言います。マルゥのカカオ豆は、メコンデルタから中央高原にわたる6つの産地から厳選されます。マルゥのチョコレートは、それぞれひとつの産地のカカオから作られており、各産地のテロワールの特徴が表れています。
4シンプルな製造工程
マルゥでは、カカオ豆本来の香りを保つことを大切にしています。カカオ豆をゆっくり優しくローストすることで、それぞれの産地のカカオが持つ特有の香りを守ります。
5包装紙
マルゥの美しい包装紙は、伝統的なシルクスクリーン技術を用いて印刷されます。このカラフルな包装紙は、ベトナムの鮮やかな風景や自然にインスパイアを受けてデザインされたもの。全てのチョコレートはこの包装紙で手作業で包装されます。
6CACAO ORIGINS

6CACAO ORIGINS

マルゥのシングルオリジンチョコレートは、ダクラック省、ラムドン省、ドンナイ省、バリア省、ティエンジャン省、ベンチェ省という、ベトナムの6つの地域で生産されたカカオ豆を使用しています。ひとつのチョコレートは、ひとつの産地で収穫されたカカオ豆と、ベトナム産のきび砂糖だけで作られています。

マルゥチョコレートのユニークな味わいは、各産地で収穫されるカカオ豆の品質に由来します。各産地には、土壌の豊かさや雨の頻度、土地の形状などの自然環境にそれぞれ特徴があります。この特徴が、同じ品種のカカオ豆に異なるフレーバーをもたらすのです。マルゥは、この繊細な味わいを皆さまに楽しんでいただきたいと考えています。